部屋探しについて知る・調べる

学生専用マンション、学生向けアパート・マンション、学生寮・食事付き物件の違い

学生専用マンション

セキュリティや機能面を重視

長所
  • 入居者が全て学生。
  • オートロックや防犯カメラなどを採用している。
  • 門限などはなく、自分のリズムで生活が出来る。
  • 部屋の設備も比較的充実している。
  • 春の卒業予定から空室を早期に把握できる。
短所
  • 高機能な分、賃料や契約金などの費用が少し割高。
  • 物件により、毎年入館金を支払う場合もある
  • 卒業後、退去しなければならない。

学生向けアパート・マンション

いろいろな種類から好みを選べる

長所
  • 門限などはなく、自分のリズムで生活が出来る。
  • 家具や料理等の生活力が身につく。
  • 物件量が多く、希望条件に合った自分好みの物件が選べる。
短所
  • 学生以外の入居者もいる。
  • 物件によって、周辺環境や間取り、設備に格差がある。
  • 入居する際に、家具家電を揃える必要がある。

学生寮・食事付き物件

食事付きの安心感

長所
  • 寮母さんがいたり、家にいるような安心感がある。
  • 食事付きの為、バランスの取れた食事を取ることが出来る。
  • 必要最低限の家具はついている(コインランドリー、ベット等)
  • 学生の友達が作りやすい。
短所
  • 集団生活の為、ストレスが溜まる場合もある。
  • 規則や、門限がある場合がある。
  • アルバイト等で食事を食べれない日があっても、食費が掛かる場合もある。
  • 物件によって、お風呂やトイレが共同の場合もある。

それぞれのタイプの特徴をつかんだらさっそくお部屋探しをしてみましょう!